盗作

動画投稿日:2020-06-01 18:00:20
動画の評価:👍35765👎103
再生回数 :398253回

カテゴリー:Music
タグ   :

俺は泥棒である。
往古来今、多様な泥棒が居るが、俺は奴等とは少し違う。
金を盗む訳では無い。骨董品宝石その他価値ある美術の類にも、とんと興味が無い。
俺は、音を盗む泥棒である。

ラジオから流れるジャズナンバー。街中のスピーカーで聞くポップス。駅前のロータリーに響く歌声。公共施設の小ホールから漏れ出すピアノソナタ。
俺はそれを盗む。この古びたレコーダーで録音して盗む。口ずさんで盗む。譜面に書き起こして盗む。
昔から、美しいメロディには目が無かった。

ヨルシカ – 盗作
Yorushika – Plagiarism

3rd Full Album「盗作」
2020年7月29日(水)発売

「盗作」特設サイト
https://sp.universal-music.co.jp/yorushika/tousaku/

【初回生産限定盤「盗作」書籍仕様】
・小説「盗作」
・少年が弾いた「月光ソナタ」カセットテープ
・CD

【UNIVERSAL MUSIC STORE 限定盤】
・初回生産限定盤「盗作」書籍仕様
・オリジナル・カセットテーププレイヤー

【通常盤】
・CD

収録曲
01. 音楽泥棒の自白
02. 昼鳶
03. 春ひさぎ
04. 爆弾魔
05. 青年期、空き巣
06. レプリカント
07. 花人局
08. 朱夏期、音楽泥棒
09. 盗作
10. 思想犯
11. 逃亡
12. 幼年期、思い出の中
13. 夜行
14. 花に亡霊

アルバム予約、配信はこちら
https://umj.lnk.to/Jk_Y4

■Credit
Movie Director:イノウエマナ(OTOIRO)
Artwork:永戸鉄也
Creative Director:DMYM(OTOIRO)

Official Site
http://yorushika.com/

Official Twitter

Official Instagram
https://www.instagram.com/yorushika_official_

おすすめショップ


1738円(送料込)
楽天ブックス


2380円(送料込)
Bruck 楽天市場店


1628円(送料込)
楽天ブックス





01

101 件のコメント

  • 全然古参じゃないから、皆様の解説見て凄いなって思う反面理解がまだ全然出来ないっす。
    音楽は好きなんだけど、今からだと追いつけなさそうな😣

  • 미쳤다 진짜 와 무슨 일이야 너무 기대돼ㅠㅠㅠㅠㅠ요루시카 음악은 항상 믿고 들었지만 이번엔 더 기대감 뿜뿜한다 지금까지보다 좀 더 잔잔하고 어두운 느낌으로 나올 것 같은데 이번에는 또 어떤 음악을 보여줄지 너무 기대되고 사랑해ㅠㅠㅠ

  • [해석](파파고라서 좀 어색할 수도 있어요)
    나는 도둑이다.
    예로부터 다양한 도둑이 있지만, 나는 놈들과는 조금 달라 돈을 훔치는 것은 아니다.
    골동품 보석, 기타 가치 있는 미술류에도 전혀 흥미가 없다.
    나는 소리를 훔치는 도둑놈이다.
    라디오에서 나오는 재즈 넘버. 길거리 스피커로 듣는 팝스. 역전 로터리에 울려 퍼지는 노랫소리. 공공 시설의 작은 홀에서 새어 나오는 피아논 나타.
    나는 그것을 훔친다. 이 낡은 레코더로 녹음해서 훔친다. 감언이설로 훔친다. 악보에 써서 훔친다. 예로부터 아름다운 멜로디는 사족을 못 썼다.

  • 今の時代完璧なオリジナルを作れる方が異常なのかもしれないですね。
    たとえオリジナルだったとしても奇抜すぎていいモノと呼ばれることは難しい。

  • 0:38の「昔から美しいメロディには目が無かった」というセリフは目が見えないことに関連しているのだろうか。
    1分にセンス詰まりすぎて奇妙であり美しくおぞましいね。

  • 3rdフルアルバム盗作から春泥棒が盗まれた。
    古いレコーダーで録った音を拾ってるからプツプツ言っていて、そのレコーダーで録った中に誰かの鼻唄やホールから漏れ聞こえてくるピアノの演奏があった?
    駅前のロータリーでエイミーが弾き語りをしていた時に足を止め興味をなくして立ち去っていった何人かの内の一人が盗作者の男、或いはつまんない歌だなおじさんがそうなのかもしれない。
    つまんない歌だなジジイは年齢的にも中年ということなので古いレコーダーやプロの音楽家として様々なアーティストやCMなどに楽曲提供してきた経歴があっても自然。
    このティザーに出てくる顔のない青年に盗作者の男が出会う話、、、パパ活?マッチング?

    何処かのコメントで盗作って曲はこのティザー映像で流れてる曲じゃないですか?って言ってる人いたけど店舗特典のオルゴールCDに盗作入ってるから違うし(使われているのは月光)レプリカントか春ひさぎのどちらかが投稿されるのでは、、?
    今までのヨルシカのアルバムだと全部3曲MVが投稿されてきたのだけど既に夜行と花に亡霊が投稿されてるのであと1曲投稿されるのだろうか。
    でも7月中旬にクロスフェードが投稿されるとして、今までのヨルシカなら6月中旬〜7月頭くらいに1曲、アルバム発売日前後に最後の1曲が投稿されてもおかしくない。怖い。すごく楽しみ。

  • ナブナさんに曲の内容事前に教えてもらってるん?てぐらいの皆の考察の深さでびびる。
    すごいなぁ、ヨルシカむっちゃ好きやけど考察とかは全然出来ひん…

  • 今度は月光ですか…
    この「月光」の由来って確か、ルートヴィヒ・レルシュタープが、「スイスのルツェルン湖の月光の波に揺らぐ小舟のよう」といってつけた愛称でしたよね…?
    (間違ってたらごめんなさい)
    初めてsuisさんの名前を見た時、てっきりスイスさんだと思ったのを思い出しました😌💭
    月光もヨルシカも好きなので楽しみです!

  • もしこの話の泥棒がn−bunaさんであったとしても音楽はそういうものだと思う
    作者が聴いた曲のメロディーや音の感じ、コード全てがその作者の感性や個性を通して聴者に還元される
    ヨルシカの曲はヨルシカにしか作れない
    そして僕はヨルシカの音楽が好きだ

  • あれっ!?音がない!これは泥棒が音を盗んだから音がない仕様なのか!おもしろ

    って思ったけどイヤホン外れてた

  • コメント欄の皆さんの考察が凄すぎて、深く考えずに聞いていたくせにナブナさんの曲が好きとか言っていた自分が恥ずかしくなった

  • いい意味でヨルシカっぽくない…
    ヨルシカ=爽やか〜青春〜だけだと思い込んでた自分をぶん殴りたい

  • 頭良くないからよくわからないけど…

    コメント欄の考察班が超有能ってことと、外国の方が増えた嬉しさはよく分かる(°▽°)

  • 考察とは呼べない考察失礼します。

    沢山あるヨルシカの曲の中で何故爆弾魔だけを模倣してるのか考えてたんですけど、このアルバムの紹介文に、「『破壊衝動』を形にした楽曲」ってあって、爆弾魔には歌詞に「みんな吹き飛んじまえ」とか「爆破」っていう言葉がたくさん使われてて、この曲は彼の破壊衝動に1番寄り添ってたもの、且、1番共感ができたものだから「綺麗」だと感じて、「美しいメロディには目がなかった」、「音楽を盗む泥棒」である彼はこの曲を選んだのかなと思いました。

  • A new album from yorushika announced, really saved my soul during this dispiriting time. Now where is that jump button to that midsummer night of July 29th?

  • 新たなものを生み出すクリエイター達にはタブー視され、近づきたくもないものであるはずの「盗作」をアルバム名にしてある所に恐ろしく興味を覚えてしまった

  • 告げ着け唾ガチガチガチャンちゃんは、世田谷通り世田谷通りきささちつさかし出谷手立て出谷手立て出谷出谷手立て出谷出谷出谷かけさたきたたせさかたさたさたたかたきたたかさかさかなてたすたきさつかたしちかた積載量赤山書いてる書いてる書いてる書いてる誰も勢田かさががさんはががががかさちさしさかたさかち型型型片方かきちきさなにたかきたせかささたさたきさたさたかきたさかたかたささたかちさたかたけたくさささたかさちさきけたかさかたせきさかかさちさたかさしさたかさたさたか騎さ機さサツササツササツササツササツササツササツサけたたささたかさたささかたさたさたさかかさたちさたたさたしせたしちさかさてたしかかけたかさたさきしさたしかちさしかたすちちきたせかたかけたささちかさたたしかさかさっぱりです。かたさたちかさかきくちさかたさたさたきさたさたさかけこたけさた

  • This is so interesting already, way darker and more sinister than the last albums.
    Yorushika always have wonderful stories to tell. I’m looking forward to see how plagiarism is gonna be linked to the stories told during moonlight and elma

  • I love your songs and music and the Youtube Channel. But I suggest you to please also add official English Translation of the description in the youtube video. The google auto translate messes up the translation. Although few fans comment the translation, we would love to have an OFFICIAL ENGLISH TRANLSATION from your channel side.
    @ n-buna official

  • もうありふれたメロディを組み立てるしか無いから泥棒なんじゃないかって音楽のおの字も知らないやつの考察

  • 吾輩は泣き猫である
    爆弾魔は歌詞が同じでメロが違うのかメロも歌詞も違うのか、若しくはヨダカだったり犬だったりした前世の一つが爆弾魔だったようなのでその頃の話なのか。
    春ひさぎ=夜鷹→靴の花火ならやはり前世と関係しているのだろうか。
    昼鳶→昼間に人家に忍び込んで物を盗む者。
    レプリカント→amazarashiの楽曲 古いSF映画の元ネタのブレードランナー。
    音楽泥棒→amazarashiの楽曲 ピアノ泥棒に通じるところもある。
    n-bunaさんがamazarashi好きを公言していたり、昔アノミーを歌ったものをSoundCloudで公開していたり、春繋がりで昔のボカロアルバム 月を歩いている のインスト曲に当てられた歌詞カードの詩はamazarashiが好きで意識したと公言していたり、その影響だったりするのか。

    男がエイミーの書いた詩を、若しくはエルマの書いた詩や曲を盗作したと見せかけておいて、エイミーかエルマがある時に出会った爆弾魔の男に影響を受けて後から曲を書いた、みたいな話もありそう。
    春ということで月を歩いているの世界にも干渉するのかもしれない。
    完全に切り離されてるとは考えづらいけれどどうなんでしょう。
    エルマ発売後にTwitterに上げられたポエトリーリーディングの曲や弾き語りの動画を聴いた時、歌詞にエルマとエイミーの物語っぽさがあると感じたのも、これらが其れ等の盗作だったり影響を色濃く受けた結果だと思うと腑に落ちる。
    7月末、解答が出るのか、余計に謎が深まって次のアルバムを待つことになるのか、9月くらいにアルバム出そうって書いてる人いたけど、そのタイムランみたいな制作ピッチだと製作者たち過労で倒れる。
    3部作くらいで泥棒の男の話、青年の話、女性の話、みたいに角度変えてくるかもしれない。
    何をしようとしてるのか全然分からないのに何がどう来ても最高だろうと確信してしまっている、盲目だ。ヨルシカに目がない。

  • まっってヨルシカニワカ(言ってとヒッチコックとだから僕は音楽をやめたと負け犬にアンコールはいらないと爆弾魔…etcしか知らない)けどなんかこれオシャレすぎるし考察班の考察にワクワクしすぎてちゃんと沼りそうヨルシカに溺れたい

  • 音を盗んでどうするのかが気になるところ
    自分の曲として公表するのか、手元に置いておくだけなのか

    アルバム楽しみです!

  • 「花に亡霊」について 個人的な解釈
    n-bunaさんのTwitterでのコメントによると、
    「ただ綺麗な言葉と景色を並べただけの歌を書こうと思いました。この曲で何を伝えたかっただとか、表現したかったかとか、そういうのは何も無いです。受け取り方は任せます。」

    かなり極端な解釈になると思います。
    以前からこの歌がアルバムに収録されるのは予想していましたが、少し不思議な点もありました。ヨルシカのアルバムにはだいたいコンセプトがあるので、それに沿っていないはずの何の意味も込められていない歌がアルバムに入るのはどうなのだろうと。
    そこで、自分なりに少し考えてみました。「受け取り方は任せます」とコメントされている以上、この歌を聴いた人は自由にこの歌の意味を「想像」し、もっと言うと「創造」することがオープンに許されているはずです。実際に聴いた人の中にはそのような物語を頭の中で作っている人もいるでしょう。その人たちのように、n-bunaさんもまた、この歌を聴いた人の1人として、物語を吹き込んだ。自分自身が作った作品をある意味で「盗作」し、今回のアルバムのコンセプトとなる物語を吹き込んだのかな、と。

  • 音楽と文学、そしてヨルシカ が大好物な私にとって、きっと後にも先にもない存在になることでしょう

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です