crystal-z Sai no Kawara

動画投稿日:2020-06-11 01:40:25
動画の評価:👍3800👎20
再生回数 :80097回

カテゴリー:People & Blogs
タグ   :lofi,studymusic,documentary,anime

my new shit

おすすめショップ


1738円(送料込)
楽天ブックス


4980円(送料込)
Sapla 楽天市場店


2380円(送料込)
Bruck 楽天市場店





01

113 件のコメント

  • 俺は、あの当時はなんとも思ってなかった。

    でも、母子家庭、自称進学校でもない私立、部活も辞めた、何もない。

    今までの習慣をかえた。
    毎日夜遅くまで勉強してる。
    友達の誘いもほぼ断る。

    そんな旧帝大志望の今の俺は、彼らの苦しみが少しでも分かると思う。
    どれだけの犠牲が必要なのか。

    どうか、私立の闇も入試の闇も教師の闇も
    「教育」というのを、目先の利益に利用しないでくれ。そして、考え直してくれ。

  • 聴き終わったとき鳥肌と涙が止まらないし、言葉が出ませんでした。
    どうしてこんなことが起こってしまうんでしょうか、歳が上だからとかそんな理由で許されるわけがないと思います。

  • 医学部入試における女性差別の件で不正を行っていた医大を訴える活動のクラウドファンディングに募金したんだが、年齢・浪人なんかの理由によって差別を受けた人にはあまり目が言ってなかったなあ。
    自分も(普通の)大学を受けて落ちたことあるけど、真っ当な結果でさえあの時の胸のつぶれる思いったらないよな。ましてや不正でこうして何度も絶望を味わわされた人がたくさんいるのに、大学側は適当であいまいな謝罪にも満たない謝罪でけむに巻こうとしてる。許されないだろ。

  • 悲しい、悲しい、悲しい…
    なぜ人間はいつも枠にとらわれて二極化してしまうんだろ。国民か外国人か、黒人か白人か、男か女か、若者か年寄りか。愚かすぎるよ…

  • 最後リアルに吐きそうになった。
    これは会社の面接じゃない。
    学校だ。学校でやられた事なんだ。国家試験じゃない。学ぶ機会すら奪われたらどうすれば良いんだ。

  • 口が悪くなってしまいますが、
    「(大学側が)そんなくだらない差別を未だに許してるくらいなら いっそ(その差別で)破綻してしまえ」と思いました…

    質のいい人までふるい落とすくらいなら、そのふるいで自滅してしまえばいい。

  • Twitterで、衝撃のラストだというツイートを見て聴きに来ました。

    ニュースが流れた瞬間、音楽にのっていた体が止まりました。

  • I used to love HERってcommonの曲。90年代ヒップホップの名曲で、和訳もネットで出回ってるから聴いて、読んでみてほしい。
    I used to love HERも最後にネタバラシがあって、多分この歌の構造はそれをなぞってる。おそらくわざと。

  • 「若くて体力のある、辞めないで長期間働いてくれる医師」が、
    長時間労働してくれないと回らない、医療現場の人手不足、先進国最低の生産性を改善すれば、医学部入試での女子・再受験生差別はなくせるのかな
    イギリスみたいな家庭医制度を導入するとか、日本全体の医学部の定員を増やすとか?

    逆に、女子・再受験生差別をなくせば、それでも回るような医療現場になっていくのかな
    女性・再受験差別をした大学とか病院にペナルティを課すとか、この歌の最後みたいに大学を裁判で訴えるとか?

  • あっサクラ咲いた!と喜んだのも束の間、その後最後まで泣きっぱなしでした

    センスもストーリーもすごい。

  • 人種差別、女性差別、部落差別とか色々あるだろうけど日本で1番されてる差別って学歴差別だと思う

    ましてや努力してその基準に達したのに全く関係ない理由で落とされたりしたらたまったもんじゃない
    まさに賽の河原

  • 彼女さんの存在がとても泣ける プロポーズしてびしょ濡れのまま抱き合ったとかすごい泣ける 幸せでいて欲しい

  • ずっと憧れていた世界でした。受験真っ只中にちょうど女子差別があったことが発覚しました。当たり前のように横行していたこと、それが肯定されていること、推薦で問題になった大学に行った人からの心ない言葉、色々重なって私はこの道を諦めました。今は別の道を見つけ、その夢に向かって邁進しています。この曲を見つけて当時の悔しさや、やるせなさを思い出しました。今はそれをエネルギーにしたいと泣きながら思いました。御茶ノ水の景色、とても懐かしいです。どうかお幸せに。

  • 直向きなあなたのような方の努力が報われるような世界であってほしいです。こんな差別とうてい許せるものではありません。

  • 音楽の動画でここまで最後の最後にゾッとさせられたのは初めてかもしれない
    あなたのこれからの日々があなたにとっての幸せになりますように。陰ながら応援させていただきます。

  • “再”の河原

    あの頃はクルーもまだ活発で
    セルフパッケージのシングル自主で出して
    出したら即行でオンエアされて
    日に日に感じた 両手に確かな手応えを

    でもそれぞれにそれぞれの家族が増えた
    幸せな家庭 別の道歩き出し
    定職と制作 終わる共同生活
    シェアハウス解約してクルーは解散した

    もうない行き先 もう機材も意味ない
    溜めた Beats & Rhymes じゃ腹は満たされない
    32歳 あてのない仄暗い未来
    その先に光当てるのは自分次第

    目指してみようか医学の道
    それは茨の道 だけど欲しいのは
    日々なにかに打ち込める揺るぎない意志
    俺が生きてるこの命の意味

    その頃のバイト先の塾には辞表
    最後のお別れは英語の授業でかけた“I Used to Love H.E.R.”
    和訳したプリント配ったら
    めちゃくちゃに怒った塾長

    毎月お茶の水で受けるテスト
    塗り替えていく先月の自己ベスト
    進む 今日も明日も明後日も 日々前に
    知識蓄えた 寿命と引き換えに

    開館から閉館 図書館の最上階
    毎晩救われた彼女の晩ごはん
    なまった頭のバンドマンもなんとか
    青から赤に変わっていったチャートが

    “Daydream Believer” そう呼ばれるのを聞いた
    でも研がれた牙 携えて前進した
    怠け者の俺はもう死んだ
    矢のように時は過ぎ 迎えた初めての winter

    順調じゃなくていいから
    天才じゃなくていいから
    堂々巡り 巡り 繰り返し
    東京 偉大なこの街

    順調じゃなくていいから
    天才じゃなくていいから
    堂々巡り 巡り  繰り返し
    東京じゃ春は来ないし

    悪くない手応え ゴールはもう目の前
    高校の頃の点も抜いたセンター試験
    だけど前だけを見て 次の壁は別次元
    そして今の俺の持てるすべて出した二次試験

    だけど まったく結果は出ず
    目標の東京の学校は全部
    その年も その次の年も全滅
    ペーパーができても 越えられない面接

    模試の結果はいつもA判定
    でも合格発表では「えっ、なんで?」
    年齢のハンデ? 夢にさえ思わねえ
    ゴールテープごとずらされるなんて

    東京にこだわれば確実に落ちる
    地方を受ければ彼女とは離れる
    身も心も引き裂く究極の選択
    俺は後者を選んで飛行機に乗り込んだ

    合格発表のページにはついに俺の番号があった
    間違いじゃない
    シャワー浴びてた彼女にプロポーズをして
    びしょ濡れのまま泣きながら抱き合った

    友達に両親 そしてこの街に
    愛すべき人たちと過ごせた日々に
    遠くてもたまに来てよ遊びに
    感謝を残し訪れた旅立ち

    順調じゃなくていいから
    天才じゃなくていいから
    堂々巡り 巡り 繰り返し
    東京 偉大なこの街

    順調じゃなくていいから
    天才じゃなくていいから
    堂々巡り 巡り 繰り返し
    東京じゃ春は来ないし

  • のびてほしい たくさん聞かれてほしい
    それくらいしかできることがない 絵も歌もとてもとても素敵です こういう麗らかな日も淡々と机の前でたえてたえて努力なされたのですね

  • 別の大学に合格されたんですね、だからって何もよくはないですけど、よくないですけど、おめでとうございます これからの人生にいいことが死ぬほどありますように

  • 応援しています
    素敵な曲をありがとうございます、勇気を貰いました
    理不尽で不条理ばかりの世の中ですがこれから光が差しますように

  • 学校側よ・・・年齢の何に問題があるんや?
    むしろその年齢で来る生徒ほど本気で苦学生で貴重な人材やないか?
    声からしてかなり年配のようだが、何年社会で生きてこれらの発言なのか・・・。

  • この曲を聞いて怒りをおぼえました。

    こういう自覚なき差別が、日本にもたくさんありますね。
    自分にもその芽があると、きちんと省みながら生きなければいけません。

  • いや…あの…昨日聴いたときより俄然重みが…
    これは…毎日重くなっていく曲なのでは……
    頼むから、めちゃくちゃ幸せなことがありますように…頼む

  • Twitterで見て聴きに来ました。布団に入りイヤホンで目を瞑って聴いていました。最後の所でバッて目が覚めました。。

  • 私の親友も浪人生で女子で医学部を目指していました。あの件が報道されたときは本当に怒りで涙が出てきました。実際に彼女がその大学を受けていたのか、合格していたのかは知りません。あまりにもやり方が残酷すぎて聞けなかったです。
    この曲を聞けて良かったです。早く親友に会いたくなってきました。

  • あなたの人生に幸がありますように。心より祈っております。素敵な音楽をありがとうございます。

  • 不正入試を許してはならない。
    頑張った人が報われる世界にせねばならない。
    少なくとも、頑張りが、性別や年齢で不当に差別されるような世の中は、変えねばならない。

  • まず、音楽として面白くて、楽しくて、美しくて、素晴らしくて、とても好きです。MVも曲も歌詞も聞けば聞くほど気づく部分が散りばめてあって飽きないです。作品を聞かせてくれてありがとうございます。歌詞の内容とサビの歌詞の頭文字でもしかしてと思い胸を痛くしながら聞きました。最後の部分では第三者ながら悔しさを感じました。私は同じ分野にいる人間で、このような失礼で非道な空気が一部で蔓延しているのを知っていました。何もアクションを起こしてこなかったことが申し訳ないです。色んな境遇や体験や想いを持った人が働いていることが患者さんの救いになると思っています。zさんとご家族、ご友人が報われて幸せになりますように。ご活躍を応援しています。

  • ニュース記事見たけど、医学の道を閉ざされた訳じゃないんだね。
    J大学の件は残念だけど、沢山の人を救って欲しい。

  • ちゃんと青チャートが赤チャートになってたり細かい仕掛けがすごい
    (そもそも年齢を理由に不合格って時点で既にありえないけど)年齢制限を明記せず受験料取って受験させて不合格はどう考えても不正じゃん

  • chilledcowのlofi hip hop radioの画像
    サンプリングしてるの面白いし
    やっぱ目の前の現実を歌う音楽は
    色々と考えさせられる

  • そんなこと有るの❓❓🤔
    確か前に70歳位の女子大生だっていたはず!!♡話題になったもん‼️

  • 予備校時代によく見た光景
    オレンジ色の電車が川沿いを走るのを橋から見下ろすあの場所
    川を渡るのにもうお前は遅すぎるなんてそりゃないよ
    賽の河原で積んだ石を倒すのはなんて奴だっけ

    • どうやら動画を拝見すると
      「再の河原」が漢字表記のようです。
      良いタイトルだなと感じます。
      彼がタイトルに込めた意味を噛み締めたいと思います。
      この世を呪った歌でなく、主体性に満ちた歌だからこそ、多くの方に聴いていただきたいと思いました。

  • どうして「賽の河原」なんだろうと思いながら拝見してましたが、「積み上げても意味がない」という比喩なのかな〜……と思ったり
    勝手な考えなので問題があれば消します

  • 途中で何となく勘づいてしまいましたがサビの美しい歌声や歌詞に聞き入り最後までは穏やかに聴いていられました。
    …最後まで聴いてから血の気が引いています、歌詞によってあなたの思いを知ったからこそ余計に。
    あなたがこういった作品をつくらなくていいような社会にしていかなければなりません、私も出来ることをやりますがとにかく応援しております。

  • あまりに衝撃なのでコメントを…
    前半は今の自分の境遇と重なり、心の炎に燃料を追加されるような気持ちで聴いていました。後半は crystal-zさんの悔しさや無念さや怒りや悲しみを想うと心が雑巾絞りされるような感覚になりました。

    crystal-zさんのご多幸をお祈りしております。今聴けて本当によかったです。私も頑張ります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です