藤井聡太二冠の強さは?最近の将棋界は?糸谷先生に解説してもらいました【将棋】

動画投稿日:2020-09-03 16:01:00
動画の評価:👍2958👎71
再生回数 :114380回

カテゴリー:Gaming
タグ   :将棋,香川愛生,糸谷哲郎

チャンネル開設以来のコラボです!

A級棋士・元竜王の糸谷哲郎八段に最近の将棋界の話を聞きました。
糸谷先生の頭の回転が速すぎてついていくので精一杯でしたが、編集しながらなるほど〜と納得できるところが多かったです(もはや復習)
皆さまもぜひ繰り返し聞いてみてくださいね。
本当はもっと私からもあいづち打っていたのですが、糸谷先生の高速トークに字幕つけるので燃え尽きたため、雑にカットしがちてす。笑

棋士会チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCY01eL4ZrHF5NVKzOIkaIvA?view_as=subscriber
9月6日オンライン将棋イベントに出演します。よろしくお願いいたします!

編集協力 https://twitter.com/kumioonaga

株式会社ビッグベン ☖ http://www.bigbenn.jp/
〒105-0003 東京都港区西新橋2-23-1 第3東洋海事ビル8F

Twitter ☗ https://twitter.com/MNO_shogi
株式会社AKALI ☗ https://www.akali.co.jp/
オンラインサロン ☖ https://a-port.asahi.com/salon/kagawamanao/

おすすめショップ


1738円(送料込)
楽天ブックス


1628円(送料込)
楽天ブックス


28800円(送料別)
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)





01

101 件のコメント

  • 昔超天才プログラマーのブログを読んだことがあるけどその人曰くプログラムを打ってる時は殆ど思考しないで手だけ動いてる状態らしい
    これは考えれば割と当たり前で我々も1+1をする時に一々思考をしないのと同じことらしい
    人間は思考する生き物だけど思考によって感覚処理の能力を潰してるかもしれないですね

  • 人谷先生はなんでそんなにデカいんですか
    食べるのが好きなんですか
    運動が嫌いなんですか

  • 先を読むというのは基本的にパターン(局面)認識の問題だと思います。局面を見れば有力手が閃くのでしょう。詰め将棋で鍛えた藤井2冠は終盤で勝つ局面、負ける局面を膨大に記憶しており、すばやく記憶を引き出して来るのだと思います。ベテラン棋士は中盤において有利になる局面を藤井2冠より多く記憶しており、序盤、中盤で優位な局面に導き、終盤で間違えずに読みきれば藤井2冠に勝つことができると思います。

  • つまり、
    ん?

    これは○○銀だな!おれはくわしいんだ!

    いやまて、この独特なsilhouetteは…?

    ヤツ…?

    ○○歩じゃねーか!

    を繰り返すんですね

  • 小説を読むときに、映像をイメージしながら読む人と、文字だけで読む人がいると聞いたことがあります。
    自分は映像をイメージしないと読めないので、「文字だけで読む」感覚がわからないのですが、周りをみると、文字だけで読む人のほうが総じて読むのが早いし、言葉遊びなどの文章修飾に敏感だし、台詞もよく覚えていました。
    藤井二冠の「将棋盤を頭に浮かべない」というのはそれに似た感じなのでしょうか?

  • 足し算(5+3)でいうと、並みの棋士はおはじき(5こと3こ)並べて一個ずつ数えているのが、藤井先生は直接(5+3=8)できてる感じでしょうか。

  • お二人相変わらず名コンビなのでてっきり兄妹弟子とかだと思っていたんですが、お二人は出身も全く違うんですね!

    よろしければお二人の初対面の時の印象やよく一緒にお仕事するようになったきっかけ等あればお話聞いてみたいです!

  • 将棋の天才くんの話をしてるけど、香川愛生ちゃんはもしかしたら将棋史上最高美人棋士じゃないだろか?

  • 2人共、学があるから学校の先生が教えてくれてるみたいでした😄
    しかも楽しそう♥いいコンビです✨

  • いつもながら、糸谷先生の説明の判りやすさにビックリします。

    そして、お二人の漫才(←)はいつまでも聞いていられるほど面白くて耳に心地いいです♪

  • 5の10乗をマジレスしようとする番長・・笑
    糸谷先生「番長すっかり綺麗な関東弁しゃべっとったわ~」
    次こそは香川先生のノリツッコミをカットしないで下さいねっ!

  • 将棋も楽しみたいんですが香川奇声のテンション上がってるところが見たいのでこちらがメインです。すいません(;・∀・)

  • 藤井二冠は逆算して局面を見てるような気がします。相手が3手スキでこっちがこうやれば2手スキにできるとかそんな風に局面を動かしてるように感じます。

  • 突然「世界線」なんて出てきたら突っ込みたくなりますよねw 香川先生、糸谷先生のアカデミックな会話にあおられて思わず口を突いて出てきた「世界線」、ちょっと背伸びした感じの面白い会話で楽しみました。

  • 糸谷先生の話は本当に理論的で分かりやすいなぁ。
    聞いてて面白いし、いつの間にか時間が経ってる

  • お互いに先生と言いあうのはみっともない。名前を呼ぶべきでしょう。「先生と言われるほどの馬鹿でなし」という格言もあります。

  • 藤井二冠は思考を脳内将棋盤にコンパイルしなくても、マシン語レベルで直接考えられる
    みたいな感じなんでしょうかねえ

  • 僕らが中学で初めて英語を習って1万時間を耐え抜いて後天的に英語が話せる様になっても、頭に英語の文章(文字)が浮かんでいたりする。
    だけど、日本語話すときにいちいち頭の中に日本語の文章(文字)を思い浮かべているだろうか?ネイティブな言語は脳内で文章思い浮かべていないと思う。

    つまり、頭に将棋盤を思い浮かべるって言う思考をしていること自体が後天的に言語を覚えたときと同じ脳の使い方をしている様に思う。

    具体的に言うと後天的な思考をする人は、統計学と心理学でパターン化してマッチングしている様なイメージ。
    先天的な思考はA.I.の様にシンプルにパターン認識や識別関数で次元を下げながら取捨選択していく様なイメージ。経験則に置き換えて感覚的にやっているからイメージする必要性がないんじゃないなかなぁ?

  • 将棋の面白いところは、自分との戦いと相手との戦い両方を対峙する事にある。
    自分との戦いは新しい技術を習得する部分と経年と共に衰える部分との戦い。
    相手との戦いは相手の指し手の意味理解と自分の考えた候補手との照合と競り合い。
    強い相手であればあるほど1手の価値を追い求める。
    到底勝てないだろう相手と戦って、一瞬の閃きが決め手となり相手を打ち倒す快感。
    一度でも出来ればまた勝ちたい、もっと強くなりたいと思う心が強くする。
    負けても、それを闘争心やバネにして、もっと強くなりたいと思う心が強くする。
    ある程度強くなって、色んな経験をしていくうち棋譜の意味を深く知る事や
    プロ棋士の対局で駒の損得以外で勝つ方法など更に新たな切り口を作り出す。
    こういう好奇心や技術の進化そのものが将棋の面白いところではなかろうか。

  • 糸谷さんは将棋より麻雀で見る方が多いな^^ その麻雀を見てると一人だけ、オイオイそんな処で長考するか~オーイ週刊紙を持って来てくれ~って言いたく成るんじゃ 糸谷さんがどう思ってるかは判らないが 麻雀なら良い勝負が出来そうだと勝手に思ってる俺^^
    個人的には広瀬さんが上手いと思ってるが、短期戦だと運も大きいからね  は、置いといて
    小6から詰め将棋選手権5連覇は凄い 先に詰み形が見えるらしいが、何でや~そんな事有り得んだろ!と思うのが凡人なんだろうな
    小学生の頃に考えすぎて頭が痛いとか、考えながら歩いてたら側溝に落ちたとか、普通の人間じゃ無いのは確かだ
    盲目のピアニスト辻井さんみたいな脳を持ってる気がするが、過去の定石に拘らない柔軟な思考力も凄い
    ローマは1日にして成らずと同じで、藤井2冠も努力の積み重ねで天才と呼ばれる今が有るのだろう
    で、昔の事は良く覚えてるが、最近の事は良く忘れる様に成ったらヤバイよ 重要な事はノートに書いといた方が良いな
    俺も最近はPCばっか使ってるから、いざ書こうとすると漢字が書けなく成って来たし、人の名前が出て来ない ヤバイよ ヤバイよ
    でも、お気に入りの女性の名前だけは忘れない 例えば、香川愛生ちゃんとか^^ 失礼しました。

  • 5の10乗
    >4の10乗
    =2の10乗×2の10乗
    =1024×1024
    >1000×1000
    =100万

    塾で小学4年生に教えたことがあります。

  • 2人とも頭の回転とトークが速いですねぇ。
    普段、yotuubeを観る時は1.25倍~2倍速で観てるんですが、このチャンネルは標準でちょうどいいテンポですわ。しゅごい・・・

  • 香川さんの手は転んで怪我したものって言ってたけど、糸谷さんのシャツの下に同時期にできたもっとすごい傷があるんだろうなぁ。

  • 何がすごいって香川さんの頭の回転よすぎてビビるwこんな回転の良い女の人中々いてないと思ったw
    棋士ってあらためてすごい思ったw

  • 50歳代の世代はYoutubemなくNHK杯で出ている棋士の方しかしらずNHK杯を毎週楽しみにしていた。アニメイト好き♥

  • いつも楽しく拝見しております。
    今回の動画は、とても勉強になる対談でした。
    やっぱり色々な人の考え方を知れるのは面白いですし、とても興味深いです。
    次回も楽しみにしております😊

  • 一級品の掛け合い漫才を観ているような淀みなきトークの流れに、小ネタを挟み込みつつ、呼吸を合わせるこの感覚。
    これは2人の対局で再現してもらいたいですね。

  • さすが糸谷センセやわ、5の10乗ってワードだけで「ちょっと待って!」「お願いしますぅ」を引き出すとは…プロは凄い

  • 今まで藤井聡太先生は凄い凄いと棋界の方々が仰られて来ましたが、今回の糸谷先生の例え方や説明の仕方が凄くセンスがあって、非常にわかりやすかったです♪
    「天才が天才を語る」とは、正にこの事。

    改めて糸谷先生も凄い人である事が理解出来る回でした!

    香川女流、字幕作成グッジョブ👍
    (字幕が無ければ、糸谷先生が何を仰られているのか?多分理解出来なかったです😅💦)

  • あまり、多くを語りたくないけれども・・勝負の世界に生きる人は、辛いですねー🎶😊
    これも、勝負の世界に生きている人の性というものでしょうね~😉(笑)
    藤井さんも、これからは、勝つことは、簡単だけれども、勝ち続けるとなると結構難しいと思うよ‼😊
    でも、その為のレシピを藤井さんは、すでに習得していると思うけれどもね~🎶😊(笑)

  • 藤井聡太の強さ解説してもらったり動画編集したり女優業宣伝する余裕あったら、まず自分の棋力どうにかしたら?
    ウォーズ初段に負けたり今期成績負け越してる香川女流さんよ。
    三十路で将棋どんどん弱くなったら将来苦しむの自分ですよ

  • 面白かったです✨新しい世代の思考法によっては、藤井二冠に食らいつく人も出てくる訳ですね😲

  • 糸谷がデビューした時も相当な強さの怪物が現れたと話題になり恐れられていたがイマイチ伸びなかったな。

  • 藤井二冠は脳内の将棋盤で駒を動かすイメージじゃなくて26歩、84歩という記号の関係性だけで読めてるんじゃないでしょうか?藤井二冠の子供時代の詰将棋は駒の配置と手駒を記号で覚えこんで頭の中だけで解く訓練を将棋教室で繰り返しておられたので、記号の関係性が将棋盤のイメージ抜きで構築できるし記号だけで動かせるようになってるんだと。

  • やっぱA級棋士の言葉は重みが凄い。
    ダニーの賢さ、凄さ、面白さがよく分かるし、香川先生がそれを上手く引き立ててるなー、と思いました。
    次回のコラボ動画も期待してます!

  • 脳内将棋盤方式が旧くなる時代が来ていることを初めて知り衝撃を受けています。 分かりやすい解説を有り難うございます。

  • ホントに計算なのかなぁって素人は思ってしまう。危なそうとかイケそうとかの直感が凄いから強いのかなぁとか思ってた。まぁ、練習で色々読んでて試合で直感が働くのかもしれないけども

  • このペアの会話はテンポがよくわかりやすいし面白いし愛生さんは可愛いしで最高ですw
    特に「どゆことどゆこと」が可愛いかったw

  • 藤井先生は、序盤終わり位で長考し、終局までバイナリコードプログラムを完成させる。→「聡太ルート」

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です