ジークンドーマスター石井東吾 vs 小比類巻!2Rスパーリング対決!!対談ではブルースリー直系秘話も。Jeet Kune Do master

動画投稿日:2020-11-18 18:59:09
動画の評価:👍1970👎48
再生回数 :109661回

カテゴリー:Sports
タグ   :小比類巻,格闘技,K1,キックボクシング,小比類巻貴之,コヒチャンネル,KOHI,RIZIN,RISE,チャンピオン,ボクシング,黒崎道場,小比類巻背中,ジークンドー,石井東吾,ブルースリー,スパーリング,格闘家,武術,截拳道,Jeet Kune Do,Jeet kwun dao,ブルース・リー式グンフー,JKD

🥊チャンネル登録のほど宜しくお願い致します。
⇒ http://bit.ly/2vkChV0
矢地選手の動画でもおなじみ?ジークンドーの達人である石井先生と対決させていただきました。感想は……とにかく凄かったです。

▼石井東吾先生のジークンドーはこちらからチェック!
https://www.brucelee-jfjkd.com/instructor-1

🥊小比類巻貴之オフィシャルホームページ

TOP

🥊小比類巻貴之 公式witter(@kohikick11)

🥊YouTuberさんとのコラボ等、ご興味いただけた方はコチラまでご連絡お願いいたします。その他ご質問などもお気軽に。
⇒ https://kohiruimaki.com/toi/

//////////////////////////////////
*よく使うBGM
TheFatRat & Anjulie – Close To The Sun


TheFatRat – Windfall

「OtoLogic」https://otologic.jp
「魔王魂」https://maoudamashii.jokersounds.com/
「効果音ラボ」https://soundeffect-lab.info/
//////////////////////////////////

#ジークンドー #石井東吾 #小比類巻貴之 #JeetKuneDo #JKD

おすすめショップ


1738円(送料込)
楽天ブックス


1628円(送料込)
楽天ブックス


28800円(送料別)
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)





01

114 件のコメント

  • コヒさんと同じフルコンから見れば、出入りの早い腰を落とさないタイプだね。
    捕まえるのは厄介だけど技は重くない。ロープを使いコーナーにローキックで詰めて行けば良い。また、技の威力無ければ怖くないからプレッシャーはゼロじゃないかなぁ?やっちくん、どう思いますか?

  • へらへらすな。この人、中達也、ウェイブ、実践云々を演武する人達みんなニヤニヤして話してる。朝倉未来とか京口さんとかバチバチの人らはニヤニヤしてない。

  • 石井さんと違って小比類巻さんは素手や目潰し金的ありのスパーなんてやったことないだろうし、対応できなくて当然でしょ。逆に石井さんはグローブスパーの経験は十分あるはず。
    この動画だけ見て「やはり武術はすごい!」とか「石井さんすごい!」みたいなのは違うと思うよ。

  • ブルース・リーってつくづく天才だよな、てか動画はじめてみたけどブルース・リーの蹴り早すぎ、手足のスピードがやばすぎる。

  • 動画的にはすごく良かったけど、コヒが弱すぎて残念。

    自分の土俵のキックボクシングでもやられてるやんけ

  • 面ではなく点で戦えばウェイト差は限りなく小さくできるって事ですね。
    逆に言うと、点を封じられるとかなり不利。

  • ボクシングだったら頭を守りつつ、ボディへの打撃は腹筋で返せるけど、
    金的があるとそれが崩壊しちゃうから対処法がまったく変わってくるのでしょう。
    あと格闘技は基本的に後頭部を殴るのが禁止なので、それがないだけでも結構変わりそう。
    貴重な映像でした。

  • 正中線の鎖骨と鎖骨との間
    天突穴というツボは治療点では風邪予防とかにきくツボだけど。破壊点としてここを貫かれたら呼吸止まってしまいます。
    非常にジークンドーの技である。ビルジーと言われる空手で言う貫手は目突き、喉、を攻撃するから危険ですね。中国拳法、詠春拳の流れを組むジークンドーは
    北斗の拳のケンシロウみたいに点穴を意識してるから。達人レベルになったてる
    石井先生に点穴とかされたら動けなくなりそう

  • どんなア〇な素人でも分かるでしょ、「子供と大人が急所無しで殴りあったら」なんて。
    この二人の身長差は20センチ近くはある。体重差は25キロはあるだろう。

    それなのにスパーリング成立させてる時点で「こんなもんか・・」なんて絶対に思えないはずなんだけど。
    石井先生やっぱすげえわとしか言えない。

    素手、急所ありになった途端の「勝負にならない感」、圧倒的だわ。

  • 競技性の格闘技には武術の必殺技の金的、目潰し、喉突き等の急所攻撃に対する防御技術が無いから、
    実戦なら武術家のほうが勝ちそうな気がする

  • 小比類巻さんの名誉のために言うけどキックのスパーが もしガチの試合だったら少なくとも2回は膝でKOしてますが それを差し引いてもジークンドー素晴らしいし石井先生の強さは劇画並みですね!

  • 目と金的だけじゃないと思いますよ。日本人の感覚だと武術の試合なら素手という思い込みがあるけど、昔の中国の武術家の試合なら武器を隠し持つ
    ことも普通にあったのでは? そういう視点だと体の大小も打たれ強さも打撃力ということも何の意味もなくなりますね。

  • 逆にグローブを着けるとこんなに遅くなるんだという印象です。
    グローブを着けると当てられた時のこわさも少なくなるし、体格が上の方が優位になるのが分かります。この映像を観ると武術と格闘技が別物だと分かるのではないでしょうか。

  • 石井東吾さんのスパーリングをずっと見たいと思っていたのでとても良い動画でした。
    格闘技と武術、お互いの土俵では、やはりそれを極めた者のが強く高い、そんな印象を受けました。
    この動画が広まって、ジークンドーが本当に強くなれる技術であると、もっともっと伝わってくれるといいな

  • 動画のBGMが微妙、絵と合ってない。

    石井東吾先生のスパーリングが見れたのは非常に良かったと思う。

  • 確かに、試合と戦闘は、違うのかも。
    急所・弱点を攻める攻撃を禁じる場合の試合では、倒しきることが難しかったりするのかな。
    殺さず、そしてなるべくなら後遺症も残さずに戦闘不能にする、しかも道具なしの素手で……となると、けっこうなハードル。

  • なんだか、キックボクシング、ジークンドーで、石井さんのスピードが違うような……という感じさえする。
    グローブや、足につける装備で、俊敏な動きができなくなる、とかなのかな。

  • 武道なら急所コツンでいいからリーチの不利はありながらも、早い軽量の方も有利な部分もあるのかも。

  • 2Rめのコヒさん、楽しそうにも見える。対面してみて「あ、これは凄いかも」って少しモヤモヤが晴れていくような、まぁ私の主観ですが。
    この動画をみて矢地くんが本当に難しいことにチャレンジしていることがより実感できたし、長い目で応援していきたいと思いました。

  • リング競技とジークンドーの違いを見てジークンドーすげー!と騒ぐのも判るけど、それ以上にどんなシーンでもウエイトって本当に覆し難い要素なんだと感じる

  • 小比類巻さんいつのまにか肉厚になったね!昔に比べて表情が穏やか。🤭
    しかし、当たり前なんだろうけど、石井東吾さんは全く目を切らないね。隙あらば叩く気なのがすごく伝わる💦

  • グローブ有りのキックルールだと確かに、一流どころの格闘家と比べてしまえば、遅い感じはするけど・・・

    でも・・グローブ外しただけでここまで変わる人も珍しいのではw

  • これをみれば武術家にMMAでやれば通用しないなどと言う事が如何に的外れなものかが良く判る。ルール無しの技術をルールに当てはめようとするのがそもそも違う。とても貴重な動画をありがとうございます。

  • 7:54の時、東吾先生手を開いてるけど何か意図があるのかな
    坂口拓さんとスパする時もしてたけど、、

    • フィンガージャブからの目潰しを匂わせて視線を誘導させるフェイント技だと思う。コンセプト派の中村先生の講座でああいうフェイントが紹介されてた。あそこから掴み技へのコンビネーションもあるはず。

  • 真摯に武道をやってきた東吾先生はすごい。40過ぎてこれだけ動けるのとは。
    あと平良さんがちらっと見えて嬉しい。
    小比類巻さんもきちんとインタビューも挟んでて上手だ

  • 小比類巻選手もどうしたらいいかわからんといった印象ですし、慣れたらここまで圧倒されることは無いようにも思いますが、やはり急所攻撃ありというのは相当に体格差を埋める手段なのだなと思いました。

  • 2R手足に集中しすぎて目線がずっと同じなのに対して石井東吾先生は目線をかなり上下に散らすのが印象的でした。
    石井先生が時計の反対回りに偏っているのは別の格闘技経験の名残りのように見えたんですがなんとなく

  • グローブつけてるとやっぱジークンドーじゃ流石に勝てないかなと思いきや2Rに入った瞬間完全に空気が東吾先生のものになったな笑
    強さっていろんな意味があっておもろいな

  • これもしかしたら、世の中に一杯あるジークンドーの動画の中で
    一番ジークンドーの凄さがわかる動画じゃないですかね。

    • 逆に言ったら一番凄さがわかる動画が全然全力じゃないマススパーってことですね。そうなると今までみんなが動画見て感じてたジークンドーの凄さはまやかし!?

  • 昭和から平成をすっ飛ばして、令和にジークンドーが再ブーム(しかも格闘家に!)
    おっさんとしては、熱いっすなぁ……

  • 純粋な人が多いな
    2R目とか見ていかに小比類がジークンドーを強そうに見せようとしてるか分からないとは

  • ブルース・リーはデカい相手に対しては、急所攻撃で倒すことばかり考えていたそうで、
    石井さんはそういう意味でブルース・リーの技術の体現者ですね。

    • いやだからブルースリー直径なんだからそう言う意味もクソもからブルースリーを体現しようとしてるに決まってるじゃん。何言ってんの?

  • いや、こりゃ凄い!!石井先生の動画はいつも観てしまう。小比類巻さんはどんどんシブくカッコよくなってますね、

  • やはり競技と武術じゃ違うんだ❗
    小比類巻さんも数発で腰が引け出してるもんな‼実践だとこの時点で
    急所に入って動けないんだろうね‼
    動けないは戦闘不能だもんな‼

    • もしホントの実戦なら小比類巻さんの前蹴り連発で何もできないのがオチだと思いますよ。マスだと効果的な前蹴りは出せないですし、石井先生の動きが早いのはマスなのも大きいってことを忘れちゃいけないです。

  • 空手家がはじめて顔面ありルールやるみたい。
    打撃系がはじめて総合やるみたい。

    キックやってても、狙われる箇所が変わると構えから意識を全部作り直さないといけないんですね。
    面白い。

    ボクシングも素手でやるようになったら、戦い方も変わりそう。

    とても興味深い動画ありがとうございます。

  • キックボクシングと武術の差異をこれほど分かりやすく見られたのは初めてかもしれません。
    本当に貴重な映像だと思います。素晴らしい!
    一つ残念だったのはBGMが大きい事です。
    音楽よりも打撃音、足音、息遣いの方が私は聞きたいですね。

  • 本当の喧嘩では体格差よりスピードの差がものを言うという俺の持論を体現してくれる動画でした。

  • 小比類巻さんという一流の格闘家という物差しが、何も判っていない私の様な素人にも、一流の武道家が磨いた功夫がどれほど凄いのかを解らせて下さいました。
    本当に良いものを観させて頂きました。
    ありがとうございました。

  • 東吾先生キックボクシングだとやっぱ初心者だなあ。もちろん動きのキレはめちゃくちゃあるけど蹴りを手で払おうと大きいモーションがあるから、フェイントで顔面狙われやすいなあ。
    ジークンドーになると大人と子供の差だけどw
    競技がほんとに違うねこれは

  • ジークンドーそのものを叩く人がいますが、それはお門違いだと思いました。石井さんは武術と競技という差異をわきまえていらっしゃいますし、「自分はジークンドーの技術で伝えられることは伝えて、あとは格闘家自身がどう落とし込んでいくか」というのは、まさにおっしゃる通りですね。

    • まぁ叩かれてる大きな理由は石井氏の試合動画が出てきちゃったからだけどね。
      強さの物差しには全力での実践がどうしても必要だし、それを示せないなら叩かれても仕方ないよ。武術の達人がトップの格闘家を全力でねじ伏せてる映像とかが存在しない以上何言われても反論できない。試合のない武術を信じるのと気功を信じるのってそんなに変わらないと思うよ。

  • おーコヒが変わらずカッコいい。トリッキーな石井先生の動きが見えるのも凄いし、何よりスパーなんて凄い。

  • 東吾先生のボディみぞおちのストレートがすごい綺麗!
    本気で打ったら小比類巻さんも効いちゃうんじゃないでしょうか!?

  • 東吾先生、もう動きがブルースリーそのものですね!!グローブ有り無し両方のスパーが見れて嬉しいです。小比類巻さんありがとうございます!!
    あの小比類巻さんが「おおー!おおー!」と言うのは見ていても驚きでした!

    • 例えば誰が避けてます?私の知る限り映像とかに出る人は多少胡散臭くても結構マスやってるんですけど。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です