【叡王戦最終局】豊島将之叡王vs藤井聡太二冠【史上最年少三冠】

動画投稿日:2021-09-13 20:40:54
動画の評価:👍2714👎65
再生回数 :104050回

カテゴリー:Gaming
タグ   :将棋,将棋ウォーズ,プロ棋士,藤森哲也,shogi,shogi wars,藤森,Japanese chess,初心者,将棋教室,将棋放浪記,羽生善治,藤井聡太,将棋ルール,将棋トレーニング,将棋めし,日本将棋連盟,詰将棋,藤森五段,四間飛車,棒銀,将棋クエスト,将棋羽生,将棋面白い,将棋戦法,将棋指し方

叡王戦 中継サイトはこちら▽
http://live.shogi.or.jp/eiou/
将棋を楽しく見るABEMAプレミアムはこちら▽
https://bit.ly/3gyHbT9

第1局から第4局までの解説動画はこちら▽

【叡王戦第1局】豊島将之叡王 vs 藤井聡太二冠

【叡王戦第2局】豊島将之叡王 vs 藤井聡太二冠

【叡王戦第3局】豊島将之叡王 vs 藤井聡太二冠

【叡王戦第4局】豊島将之叡王 vs 藤井聡太二冠

#将棋#最年少#三冠

おすすめショップ


2380円(送料込)
Bruck 楽天市場店


1738円(送料込)
楽天ブックス


1628円(送料込)
楽天ブックス





01

100 件のコメント

  • わかりやすい解説ありがとうございます。藤井先生の対局以外にも素晴らしい対局があれば解説してほしいです

  • 藤森先生、お願いがあります。駒を動かすとホワイトボードも動くのが気になります。ホワイトボードを、固定して頂けませんでしょうか?

  • 豊島さんが、「五-6歩」を指さなかったのに、驚きました。それだけ、豊島さんにとっても「九-7桂」の衝撃が大きかったという事何ですね。今回もわかりやすい解説、ありがとうございます。

  • 名局に名解説でした👏😃
    ▲9七桂の手を「地球の裏側から〜」と
    字幕で表現する点も流石でした👍

  • 9七桂 直後のAI
    「おっと、これは悪手だわ」
    5分後のAI

    「これは!!!最善手候補だわ・・・
    俺が5分かかったのに1分未満でこの手を読むとは・・・
    どんなCPU積んでるんだよ・・」

  • 97桂 も素晴らしいが、主役は金です。無視すれば 43の金が泣きます。三冠ぎめの43金です。何か いい 表現で左金の活躍を持ち上げてほしいです。左金 の アルプス超え というのはいかがでしょうか?  WWWW  象が アルプスを 超えてます。

  • 突然の”銀が泣いている” に思わず笑ってしまいました。楽しい解説 ありがとうございました。藤井 三冠 おめでとうございます。

  • 藤森先生の解説を待っていました。
    わかりやすく、疑問に思っていた
    9七桂の妙手も理解できました。
    人間が指す将棋は奥が深いです。
    竜王戦の解説も楽しみにしています!

  • 97桂は相手の心情を考えられる人間だから打てた手だということが分かった
    AIとの対決たったら55角を打ってたんだろうな

  • あの豊島先生でさえ指しきれなかった5六歩だけど
    10年後や15年後、9七桂に対して5六歩を打ち返してくるような若手が王者藤井八冠に立ち向かう日が来るんだろうか

  • 5六歩には4六歩とすれば良いようでわかっていたのではないか、という分析も出ていましたが、人間にはわかりづらいAI的な手なんですかね。
    実際プロの棋士さんからみてどのような手なのでしょうか、気になりました。 私は見ることしかできませんが、将棋って本当に深いですね・・・

  • 97桂の場面、56歩には46歩がいいみたいです。31の角を46に寄せておいて王手角取りには47玉で角を取りに行くとのこと。

  • 叡王戦4局で端桂で負けたのに
    その後の王位戦と叡王戦の大一番で端桂で勝つのは本当に凄すぎます!普通の人間にはできないです

  • 藤井三冠の本質はやっぱり鉄壁の受けだよねぇ。そこに抜群の切れ味を両立してるからどうにもならない。イメージは中盤のファランクスから終盤いきなり侍が切り込んでくる感じ

  • つい2週間ほど前に将棋を始めて、プロの将棋を観ても「何してるのか分からない」で終わってしまっていたんですが、このような丁寧な解説を聞くと一手一手が予知能力のぶつかり合いのように見えて感動しましたし勉強になりました。ありがとうございます。

  • いつも解説ありがとうございます。
    リアルタイムで見たり、棋譜眺めるの苦手なので動画解説助かります(*- -)(*_ _)

  • 将棋の内容で気になったのは豊島銀が飛車の前で重なってしまった光景
    藤井軍が上手に狭い道に誘導して威張っていた銀と飛車の攻撃を一方通行にした印象
    飛車の導線に銀が2人いて困っているのが戦国時代でもありそうで面白い。

  • 先生の解説も分かりやすいですが、字幕が最高過ぎる!解説をより分かりやすくしてるし、端的で理解しやすい!
    是非続けて欲しいです!

    編集の人ナイス仕事です!

  • 6二金 8二玉の後 5五角はしないで いきなり6一銀でも 桂が効いているので 行けるのかなって思ったんですがどうでしょう?

  • 豊島さんの守りの銀が攻めに参加したと思ったら、逆に藤井さんの守りの金がいつの間にか攻めに参加して、最後は左桂が寄せに利くという、面白い将棋でしたね。

  • 藤井三冠おめでとう。
    ところで 藤井三冠は対局中勝利を確信すると駒の指し方が乱れて傾くことに気づきました。
    AI評価が低かった9七桂の次の8五桂を見て下さい。他の駒とは比較にならないほど右に傾いています。その後豊島前叡王は悪手を続けて指し 109手目藤井三冠は15手詰めの4四角を打ち 111手で勝ちました。
    以前の対局でもこの勝ちの意識による駒の乱れは現れており 注目です。
    藤森先生 皆さん いかがですか?

  • 9七桂についてですが、AIの短期解析だと疑問手のように評価値が下がりましたが、水匠4改で5分以上解析すると5五角とほぼ同じ評価値になるようです。
    まして指した後の展開まで考えると、9七桂が最善と言っていいくらいのようです。
    藤井将棋を語る場合は、AIの短期解析では追いつけないことも多いです。後に一手5~10分と長い解析をして、ようやく藤井三冠の思考に追いつくことも多いですよ。

  • 藤森先生お疲れ様です!ご指摘の「9七桂」は解説の高見・深浦両先生も「は~っ!」と感嘆の声をあげていました。
    以前にも朝日杯で解説の天彦先生・山口女流のお二人も同じ反応をした一手がありましたね。「4四桂」です!
    今回の「9七桂」は誰も見ていなかった一手で深浦九段も「よく秒読みのなかで発見しましたね!」と驚いておりましたが、藤井二冠は恐らくもっと前の段階で構想に入っていたと思いますよ。恐れ入りました!!!!

  • 解説ありがとうございます。
    プロの先生が注目局をこうして解説してくださるのは本当にありがたいです。
    間違いなく将棋の普及に繋がっていると思います。

  • 7・8・9筋をうまく守りながら、そこへ誘い込んで決め手を出す。藤井三冠おそるべし

    が、先生の解説からよく分かります♪

  • 素人目からみても面白い勝負でした。
    深浦さんや高見さん、てっちゃんのお陰です。
    ありがとうございました。
    てっちゃん、ネクタイかっこいいよ!

  • 豊島叡王は3六歩から指を離した瞬間に間違いに気づいたような気がする。
    感想戦がそのあたりにたどりつく前に終わってしまったのが少し残念です。

  • 解説してもらって分かった部分と、俺ならこう指すけど、それだとどうなの?と分からない部分もありました!

    この動画も含め、いろいろな将棋番組を見てから、将棋ウォーズ4級から3級になり、今度将棋教室に通う事になりました。人生の楽しみを増やしてくれて、ありがとうございました!

  • 5六歩の可能性に、この二人がまだまだバチバチやり合うのかなと考えさせられました

  • 最近少し将棋が強くなったと錯覚していましたが、藤井さんの手筋を見ると頂点までの道のりは長く、絶望しました(笑)
    奥が深すぎる…

  • 最終盤、藤井さんは、97桂に対して後手56歩は見えていたのか? 見えていたとしたらどのような対応を考えていたのか知りたいな。豊島さんの粘り強さを意識して、「56歩は見えていたけど、勝負手(?!)97桂をぶっ込んだ」説ありか。

  • 豊島竜王が、見落としたと仰っていたのでしょうか?
    プロ棋士なら、誰でもわかる一手が見えないのならば、豊島竜王が弱かったんですかね?
    素人なので、よくわかりませんが。
    藤森さんなら、余裕でしたね♪

  • 豊島叡王の2枚の銀もすごかったけど、藤井聡太ニ冠のあの金に、9七桂には、とてつもない将棋の魅力を感じました。藤森先生の解説で、この歴史的対局を理解できたことに、ひたすら感謝しています。去年から、この「将棋放浪記」を見ていて、ほんとぉ~によかった 😆😆😆✨✨✨

  • 藤森さんは▲97桂についてうまく表現していますね。▲97桂はAIの予想手に無かったのでABEMAで批判するコメントも多かったです。好手か悪手かは謎ですが勝着になりました。AIの予想手に無い手を指すと批判するのもどうかと思います。AIの予想手が表示されるのは当初面白いと思いましたが、最近はしらける面もあると感じています。

  • 素人目に、藤井三冠が豊島竜王の上をいっている………悉く上をいっている…もしかして圧倒している…?という内容に見えました。56金〜の進撃の金は、カッコ良かったです。何だか不思議感じでした。
    藤森先生の解説も相まってとても面白かったです。解説ありがとうございました。

  • 丁寧でわかりやすい解説ありがとうございます!
    史上最年少での三冠。
    自分は今年から将棋を始めたけど、藤井さんが名人になるまでにアマ初段になって免状申請できるようになっておきたい。

  • せっかくの字幕、もう少し長く表示して欲しいです。
    解説を聞きながら、字幕をゆっくりみて、盤面も見たいと!
    勝負処のとこ。

  • 5局とも凌ぎあいの名局でした👏全局わかりやすい解説ありがとうございました!藤井三冠本当におめでたい㊗️

  • 9七桂ってAI評価値で判断するなら形勢を悪くする”悪手”なのは分かるのですが、プロ棋士の方々の反応を見る限りとても凄い手のようです。
    素人の私にはこの差がよくわかりません。
    別動画でもう少し詳しく解説してほしいです…!

    • ソフトによると瞬間的には悪い手だったのですが、5分ほど読ませると最善手とほとんど変わらない評価点になるそうです。
      藤井3冠は1分将棋の中でどちらもいい手であると判断し、どちらが相手にとって嫌な手か、56歩の時に負けないかを読み切った上で、ソフトが5分読まないといい手だと判断出来ない手を選んで指したんですね。

  • 叡王の2枚銀をたくみに捌いて使えないようにした藤井2冠の戦法。
    終盤桂馬を使うとほぼ勝っていると思われる桂馬の使い手。叡王の単独居玉で簡単に勝利。凄い。跡は竜王戦から目がはなせません。

  • かつて7冠達成した羽生さんの様に、全てのタイトルを総なめにする日も遠くないのではないでしょうか?
    豊島も強いのだが、藤井将棋の前には硬く、しかも脆く見える。
    やはり事前研究手やAI予想などを超越する、深い手をその時その時の判断で指せる藤井君は素晴らしいです。

  • 23:00あたりからの解説は豊島竜王に失礼なのではないかと感じました。
    5六歩がプロなら誰でも見えるのは後からなら何とでも言える。
    攻めに出た銀二枚を引かされ、苦心して粘りに使うことで活路を見出した所に桂馬が跳んできた時の豊島竜王の頭の中を考えると、とても信用なんて安易な言葉を使えないです。

  • 最近藤森先生をきっかけに将棋を勉強し始めたので、今回のニュースにも注目していました。漫画みたいな展開で面白かったです。圧倒されて勝ち筋に気づけないほどって凄いなと思いました。わかりやすい解説ありがとうございました。

    • AISURU.TOKYO/hanna/?[🍑💦]
      (◍•ᴗ•◍)✧*。18 year and over

      Youtube: This is fine
      Someone: Says “heck”
      Youtube: Be gone
      #однако #я #люблю #таких #рыбаков #Интересно #забавно #девушка #смешная #垃圾

  • 素朴な感想ですが、内容もさることながらスピーチスキルが高いと感じました!抑揚やアクセントとか。いまさらですが。チャンネル登録10万人目指して頑張ってください!!

  • 丁寧な解説ありがとうございます。
    タイトル戦のあった日は哲ちゃんの解説が無いと一日が終われないです。
    これからも解説頑張って下さい。

  • 超明解な解説ありがとうございます😊
    チャンスはどこに転がっているか解らないですね〜
    56歩と指していたら針の振れ幅は凄かったでしょうね〜
    序盤から盤面広く指していた方に勝利の女神が微笑んだのかもですね。
    てっちゃん❣️おつかれさま💕
    いつも有り難う♪♪🤗

  • 早速解説ありがとうございました
    よく分かりました
    金の大移動と銀の行ったり来たりで面白い
    対局でした
    豊島さんには気の毒でしたが
    勝負なので仕方ないですね

    土曜日のアベマトーナメントの快調な
    解説有難うございました
    いつも盛り上げて楽しませて頂いてます
    決勝戦も解説お願いします

  • 藤森先生相変わらず仕事が速い!
    アベマ観てましたが、やっぱり分かりやすい解説ですな、藤森先生の解説は神!です。

  • 藤井・豊島戦はいつも激しい将棋になり、終盤ではどちらが勝利するのかが混沌としてくる。その中でうまく抜け出た藤井クン、
    やはり秒読みでは強いですね。さしもの豊島竜王を出し抜いてしまう程の力量を発揮して投了にまで追い込んで行く「剛腕」は
    恐ろしいものがあります。これで最年少三冠が誕生し、瀬戸銀座商店街の人たちは大喜びでしょうね。

  • ありがとうございました。
    今日の名言:腰掛金!
    つづいて銀が泣いている。
    MV駒は金将、桂馬かな?

  • いつも分かりやすくて丁寧な解説ありがとうございます!
    Abemaの解説観ていても理解できす、将棋ってほんと難しいですね。藤井さん、豊島さんは勿論のこと、厳しいこの世界で勝負、生計を立てているプロ棋士の皆さんを激しくリスペクトします。👍
    また素晴らしい解説をお願いします!

  • シリーズ(特に今回は最大19番勝負という歴史的長期の同一対局者の対局)の流れで掴んだ勝利ですね。

  • 97桂に56歩は時間があれば竜王も差してたでしょうね
    1分将棋なのを見越して藤井さんの勝負手だったのかな

  • 将棋初心者です。大変わかりやすく、かつ面白さがわかるような解説でした。ありがとうございました。

  • 豊島竜王に勝ったって凄い事だし、4冠も見えてきた(・ω・)
    今棋界は凄い局面になってきたのでは・・・

  • とてもわかりやすく、どこがドラマチックだったのか解説していただき、より一層楽しめました!ありがとうございます!

  • 見ていてAIにも出なかった9七桂で鳥肌たちました。
    三冠ってすごいですが、三冠王って野球みたいにおっしゃるてっちゃん先生もどうかと思ったよww

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です