キャンピングカーのガス漏れを発見せよ!&オートマオイル交換

動画投稿日:2020-03-24 18:44:47
動画の評価:👍2549👎61
再生回数 :119414回

カテゴリー:People & Blogs
タグ   :gunma-17,キャンピングカー,ガス漏れ,車,DIY

とりあえずこれでやる気になってた所コンプリート!みんな動く

Twitter ★https://twitter.com/fw_3010

お仕事、プレゼントのご連絡はこちら
gunma17@kiii.co.jp

☆プレゼント、お手紙などの宛先はこちら
(※生物、冷蔵便は受け取りができません
※貴金属、大型機材などの場合は、一度メールにてお問い合わせください。お受け取りできない可能性があります。)
153-0042
東京都目黒区青葉台3-6-28
住友不動産青葉台タワー2F
「GUNMA-17」宛

おすすめショップ


1738円(送料込)
楽天ブックス


2380円(送料込)
Bruck 楽天市場店


4980円(送料込)
Sapla 楽天市場店





01

111 件のコメント

  • 元ガス屋です。エアー用とプロパンガス用でバルブは違いますよ……ガスの成分でパッキンが死にます。余談ですが、細かいこと言うとホースも燃料ガスの種類によって材質が違います。早めに気づいて良かったですね。石鹸水でボンベ交換後確認毎回要です。が、YouTuber的には検知器が正解じゃね(^_^)v

  • とんでもなく汚いオイルワロタwなんで綺麗なオイルは駄目なのか謎すぎる。エンジン焼きつくべ!アメ車って深いな~ガスの部分以外もサビサビだからな~いつ何が壊れてもおかしくない仕様だなw

  • ATFはオイルパン外してストレーナー(フィルター)交換した方が良いですよ。私はミッションのストレーナーが刺さる穴にアタッチメント自作し直接ペール缶からATFを吸わせ丸々20L回しました。絶好調です。
    私も同じキャンピングカーですがATF油温計と追加オイルクーラーは必須ですよ。

  • ATFは以前オイルパン外して、ストレーナーにパイプ溶接。
    新油のペール缶を接続して強制フラッシングしてる猛者がいたぞい。
    是非とも検証して頂きたいw

  • 新しいATFを入れたら、ストレーナーが出てきたオイルの汚れで詰まり、油圧低下で変速出来なくなります。心配ならストレーナーを掃除もしくは交換してみて下さい。国産車に限るかも?! 同じオイルポンプを使って抜いていますが、オイルを温めてからやると早く抜けます。

  • 現役のガス屋(業務主任)です。いつも動画楽しく拝見しております。私も外車のキャンピングカー何度かガスを納めた経験がありますが、このタイプであれば割と簡単な方なのでガスの入手も簡単かなと思います。燃焼器の出力が分かれば、どのくらいのボンベの大きさが必要か、調整器は何kの物が必要かが分かります。今付いているのは8kボンベ?に5kの調整器だと思いますので、調整器自体は5kg/hの能力になります。これは単純計算で合計約70kwの機器まで使えるのですが、実際には圧力損失や、ボンベのガス発生能力不足などがあり、連続して使う場合には経験上約10kw(台所につける湯沸器程度)が限界かなと思いますので、十分に使いたい場合は20kボンベを乗せないと厳しいと思います。あと黒いホースですが屋外低圧ホース(15A)だと思います。当社では2000円で販売していて高くない物なので交換して下さい。その際ですが、ボンベ→調整器→屋外低圧ホース→ねじガス栓→白管となるようにするのが良いと思います。シール材はシールテープ(スリーボンドのガス用がオススメ)で十分です。巻き方は右回りに3回転くらいです。液体シールでも良いですが使用期限があったりするので、無駄になってしまうかと思います。が、LPガスは法律が凄くうるさいので、近くのガス屋さんにお願いするしかないのかなと思います。
    法律の解釈の仕方により設備士でも違う意見になったりしますし、、、
    言い方が悪くなりますが、この業界は老害が多いので騙されないようにお気を付け下さい。

  • 一発で変えるならオイルパンを剥ぐって清掃してバルブボディを交換すれば全量交換してもまま大丈夫ですよ

  • ATFは3Lじゃなくて少なく見積もっても10Lは入ってるから1回3L交換で千キロ走って3L、さらに千キロ走って問題なければフィルターも一緒に交換、その後千キロ走って問題なければもう一度替えて汚れがひどくなければ5千~1万キロに1回、様子を見てフィルターも交換で逝けるのではないかと思います。
    流石に1L交換はないですわ・・・ところで当然ATFのグレードあってますよね?

  • 私の知識ですが!
    ガス器具って賞味期限があるはずです。
    定期的に交換する必要があると思います。
    勿論❗家の中も同様です。
    ガス屋さんの定期点検は、必須です。
    こういうことをズサンにするとキャンピングCARにプロパンガス禁止とかなりますよ。

  • 潤滑が良くなりすぎるとブッ壊れるのってあれやろ?

    唐突に鼻詰まり治った時鼻の通り良すぎて吐きそうになる感じやろ?(多分違う

  • 高圧ガス設備取り扱ってますが、石鹸水もしくはリークチェックの方がいいですよ!リークチェックは1000円くらいで売ってます!

  • 現在ガス事業者です!石鹸水を薄めて使用してかければ漏れてるところが泡膨らむのでかけて確かめる方法もありますよ!

  • プロパンガスは溶接ガス扱ってる業者に相談してみたら?
    ロウ付けのバーナー用で取り扱いあるはずだし。

  • 冷蔵庫電気のコンプレッサーで冷やせるようにしてそうと思ったらまさかのプロパン修理
    プロパンの容量は詳しくないけどどれくらいもつんだろう

  • 調整器の後のボールバルブが怪しいですね。LPガス専用品ですか?極稀に可動ネジ部から漏れがある事があります。みなさんがコメントしてるようにリークチェック又は石鹸水が一番的確に分かるかと思いますが、調整器より先では高圧ガスが低圧化されているので小さな泡がゆっくりと発生する事があるので慎重に見極めて下さい。

  • 法的にどうこうの問題はスルーで言うと、地元の小さなガス屋さんに相談してLP調達が良いと思う。ボンベも期限あるしね。調整器(レギュレーター)は日本の基準で合わないようなので、可変式のものを買うとよいかも。ばらして自力で調整もできなくはないけどその時は圧力計必須かな。(可変式でも圧力調べれた方良い。)車は揺れるので、硬化式のヘルメはやめた方が良い。硬化しないヘルメがおすすめ。シールテープの上から塗って締めようね(下に塗る人もいるけど)。元プロパン屋より。

  • ガスリークは石鹸水が分かりやすいね。
    便利品だとギュポフレックスってのがいいよ。

  • 使用期限過ぎている物は直ぐに交換しましょう
    後ガスボンベも期限あるのでガス業者に圧力点検を頼みましょう
    プロパンガスの調達ですがガス会社に頼むとガスの補充してもらえます

  • ガスの調達はLPガス協会の名簿見て近くのガス屋に電話かけるといいですよ。
    マイボンベに充填してくれるか確認してみましょう。
    あとボンベの有効期限が切れてる場合充填の料金とは別に検査料も掛かりますね。
    http://www.gunma-lpg.jp/

  • ATFは汚れているのも良くないけど、車重があるのであればATFクーラーをつけた方が良いかもしれませんね。

    スポーツカーにはパワステ配管の部分に金属の蛇腹の空冷クーラーが付いていたりします

  • 長野でガス屋やってる者です。
    いつも楽しみに観てます!
    LPガスの質量売り(メーター通さずボンベ1本いくらの売り方)は、ここ最近の保安向上の観点から、やらないところが増えてきてるので面倒ですよね。
    ボンベを1本購入しちゃって、終わったら充填してもらいに充填設備のあるガス会社へ持っていくのが正攻法です。
    その都度、使い方などの確認や、書類へのサインが必要ですが、そこまで大変ではないです。
    キャンピングカーでの利用の場合、焼き芋屋や、露店商の方と同じ扱になります。

  • ATはだいたいオイルパンにめっちゃスラッジ溜まるんでだいたいそれが舞い上がって詰まる気がします
    オイルパン外して底のスラッジ掃除したら全量交換しても壊れた事ないっすよ
    (三台くらいしかやったこと無いですが…)

  • まーさんガレージでBMWでATFとストレーナー交換の動画が上がってるので参考にしてみてはいかがでしょうか?

  • ガス漏れの探知機、6000円って安価なのにちゃんと分かるんだな…
    普通なら何万って物を買わないといけないけど、これなら手軽に調べれるね

  • オイルの色からしてストレーナーも変えた方が良いですよ〜。
    オイルだけ交換してもあまり意味無いかもです。

  • ガソリンタンクの残量をライターで見てて眉毛無くなったヤツの事思い出した(笑)
    震災の非常電源はホンダのエネポのガス発電とカセットボンベの冷蔵庫が一番だと思う、ガソリンは腐るからPEAいれるかしないとね。

  • 本当にLP ガスのリークテスター?ヘリウムの使ってますがサイズと値段が怪しいし安いから公正からやらないと

  • どうも、、調整器は、出る流量が、種類が有りまして、多分調整の流量不足で冷蔵庫使えないのかも、知れません。外国のだと大きいのついてるのかも、知れません。
    ガス漏れ気になるなら、プロパンガスの置くところと部屋にガス漏れの検知器着けるのもいいかも、100v必要だけとね、😄

  • これエアコンガス漏れにも使えると思います。
    ATFは圧送交換なら大丈夫です。でもアタッチメントないですね。

  • ATF交換は距離数に応じるからなんともいえませんが、循環で交換するなら15Lを1〜2時間かけて交換。その半年後に同じ事をやって、更に半年後位に全抜き、全交換と同時にストレーナーとオイルパン清掃、ATFフィルター交換すれば良いかと!

  • dexronⅢなら、モノタロウの20Lが安くて性能も悪くないので、多量に使うならおすすめです。

  • ATFはオイルパン以外にもトルクコンバータとかにも溜まってるからもっと抜いても大丈夫かも知れない。
    3ℓって多分オイルパンの容量だと思う。

  • スバ○○ミンゴ4台乗っていました。オートマは2台。今はMTとATを1台ずつ所有。過去に、着物来てオートマドミンゴ乗っている時に突然昇天!羽織袴で駐車場まで手押ししたことがあります。結局治らず廃車。先日オートマドミンゴのミッションオイル交換しました。整備工場さんから「100%保証できないけど、たぶん大丈夫」って言われたけど実施。大丈夫でした。この時代のスバルのオートマは欠陥で、昇天時にディーラーから「あの山道を乗り続ける限り保証できない」と言われました。でもまた買ってしまった(笑)登るたびに「ミッションん加熱警告灯」がつきます。平坦道は大丈夫です。とにかく、ミッションオイルは今後も「すこしずつ交換!」を激しくオススメします!それと古いオートマは急発進厳禁です。それにしても度胸ありますね〜!(笑)

  • ATF交換すると壊れるのはATの中にバイクのクラッチみたいな湿式クラッチが使われているから。(トルコントは別)
    クラッチに異常が無いATは交換しても壊れないけど、クラッチが異常磨耗してる状態のATのATF交換すると途端に滑りだして、ずっと半クラで走ってるようなもんだからあっという間に擦切れる。

    すでに磨耗限界なんだけど、磨材もないけどオイルの潤滑も無い状態だとバランスが取れてたってだけの話ね。

  • 登り坂でODでジワ〜っと加速は油温が上昇するようです、車重のせいであっという間に100度に達するらしいです⁉️

  • みんなさん言ってますが
    石鹸溶液をスプレーした方がセンサーより間違いないし微細な漏れも判ります。
    あと、エアー配管の時にも書きましたが
    シールテープの巻き方が逆だったりした事が有ったし、あとシールテープは何気に難しいのでご注意を!!
    低圧のガス配管でも注意が必要です。

    • ガス屋さんって液状のシール材を使いますね。
      うちら水道屋はシールテープです。
      漏れても水だから直ぐに漏れてる箇所は分かるし、漏れてても爆発とかしないんでガス屋さんと比べると大雑把です。

  • アメリカ配管のNPTと日本配管のPTのテーパー角度の差的なもので上手くいかずに漏れたのかな??プロパンガスの配管がその規格かはわからないのですが、エアサス部品とかだとたまにその組み合わせの間違いでうまく噛まずに漏れたりします。。

  • オイルパン外してストレーナとか新品にした方がよさそうやな
    オイル吸わなくなると交換しても意味ないし

    ドレーン外して3L抜けるなら全体の量は3~4倍はあると思うので抜けた分交換でいいと思います。

  • GUNMA17さんのコメント欄には各動画の有識者がたくさんにますね。何か困ってコメント欄みたら解決しそうw

  • オートマオイル交換
    グンマくんの言う通り
    大体大丈夫らしいです👌
    自分も中古車買った時一時期
    心配してました
    ただ、壊れた時が問題なんだよね
    たいてい、修理費30万円強と聞いて
    廃車になるらしい!
    成功を祈る‼️👌😅

    • https://eee.tokyo-gas.co.jp/product/naturalchiller/index.html
      ガス冷媒って奴です。
      仕組みはリンク先から勉強してみてください。
      冷凍サイクルについても学ぶ必要があります。

      ガス冷はビルまるごと1棟など、大型施設のセントラル空調に使えばイニシャルコストもランニングコストも比較的安いので、導入例は非常に多いです。
      欠点としては、家庭用などの小規模な空調に使うと、ランニングコストに非常に無駄が出やすい点です。
      燃焼したついでにお湯を沸かして貯湯する、発電させるなどの二次利用でコスト回収を図る方法もあります。

    • 正しくは高い温度ですね。この加熱方式は燃料を燃やして
      スターリングエンジンの方法でタービンを回し、回転させる
      ことでガスの循環を図っていると思われます。
      最新の方法だと排熱からそのまま冷却に変換する技術が確立
      されてるので、特許等が切れたら新しい方法が登場するかも
      しれないですね。

  • ATFは新しいものを入れた時に、オイルの添加剤の効果で固着していた汚れが一気に取れてフィルターを詰まらせたり経路を詰まらせるトラブルが起きる可能性があります。
    固着汚れが多い可能性のある2万キロ以上走った車は、対応できるところでの交換が望ましいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です